読者にわかりやすい文章を書く3つのコツ

最近はスマホでブログ記事を執筆する人も増えブログで副収入を得ている人も増えています。しかし、ブログが数多く存在するからこそ、少しでも多くの読者に読んでもらわなければ収益になりません。
ここではより多くの読者に読んでもらうため、説得力のある文章を書く方法を紹介します。

説得力を持つためには、数字で差をつけましょう。
例えば今は少子高齢化などと言われていますが、「少子化が進んでいる」「高齢化が進んでいる」と言われても、実際にどの程度少子化や高齢化が進んでいるのかまではわからないですよね。「今は少子化が進んでいるからでもこのような対策が必要である」と言われても、漠然と少子化が進んでいる事は分かってもどの程度進んでいるのかわからず、危機感がない人もいるのではないでしょうか。

しかし、例えば何歳以上が何%などと数字を書かれたらそれなりに危機感を感じます。
例えば、その商品を使った人の何%が満足しているのか、何%がリピートしているのかなど、数字を加えることでより多くの人の注意を引くことができます。そこからその商品がいかに有益なのか、その商品をいかに購入する必要があるのか、人々の購買意欲を刺激することができるのです。

熟語をあまり使わないことも大切です。学術論文等ではより多くの熟語を使い、賢く見せることが必要だと言われています。しかしブログ記事を読むのは学位を持つ研究者などではありません。それこそ、高校や大学に行っていない人などもいますし、あらゆるバックグラウンドの人がいるのです。だからこそ、ブログを書く場合は熟語をあまり使わないことも読者に対する配慮になります。
例えば、「徐々に上昇している」よりは「どんどん上がっている」の方が優しい方です。「減量に成功した」と言われるより、「体重が減った」と言われたほうがわかりやすいですよね。読者が敬遠してしまうような難しい言い回しは避けたほうが安心です。

誰でもわかる表現を使うことも大切です。
例えば最近はビジネス用語などでも「コングロマリット」「コンセンサス」などのカタカナ用語が使われますが、ぱっと読んだときに意味がわかる人は少ないのではないでしょうか。それよりも「複合企業」と言われたほうがわかりやすいですし、「合意」と言われた方がわかる人も多いのではないでしょうか。
確かに、カタカナ用語を多く使ったほうが賢く見えるかもしれません。しかし、そのカタカナ用語をわかっていない読者も多いという事実を踏まえ、よりわかりやすい言い回しをした方が良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする