読者の心をつかむ記事の書き方3選

最近は副業としてブログを運営する人が増えています。ブログ記事であればスマホでも執筆できますから、誰でも手軽に始められますよね。
しかし、多くの情報が出回っているからこそ、少しでも読者の心に刺さる文章にしなければそのブログ記事は読んでもらえなくなります。ここでは、読者の心に刺さる文章の書き方をいくつか紹介していきます。

自分がブログなどを検索した時、どのように読む記事を選ぶか考えてみてください。ブログを読み始めて「このブログには自分の必要な情報が書かれていない」と思ったら、他のブログを探しますよね。この時、最初に書かれた文章が読み手の心に刺さるかどうかで、記事の滞在時間が大きく異なります。

つまり、最初の文章にインパクトのある表現を使うことで、その読者に対して「もっと読み進めよう」と思わせられるようになるのです。例えば、文章の最初に「究極」「完全無料」「ド素人」など、読者の心を惹きつける言葉を利用することで、読者はそのブログに滞在します。それにより、それ以降の文章も読んでもらえるようになるのです。

また、ただの文章ではなく物語風にして記事を書くことで、多くの人の注意を引きつけられます。「昔々あるところに」では無いですが、読者を惹きつける文章にするためには、場所、日時、人を主語とすることがポイントです。
場所を最初に書くと、読者を引きつけます。日時を最初に書くやり方はドキュメンタリーや映画などでも使われますね。人を主語にするときにはできれば個人名などを使うと良いでしょう。

さらに、記事を書くときにはその記事がいかに信頼できるのか見せることが大切です。
ライター自身が既に権威性を持っているのであれば、そのライターが書いた記事であるというだけでその記事は信頼されますが、まだ読者に知られていないライターが書いた記事の場合、記事の信頼性はどこで判断されるのでしょうか。

それは、記事の中でどの程度のデータが提供されているかによります。
例えば数字がきちんと使われていて、「何年には何%伸びている」などと具体的に分析されていれば、より信頼できる記事になります。その商品の歴史が描かれているなど、その商品についてライターがどれだけ知っているか、これも非常に重要です。

言い換えれば、ブログを書いている人間として権威性がなかったり、無名のライターであったりしても、書き方を少し工夫すれば、読者の気持ちをつかむことができるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする