ワイン投資という投資法がおすすめ

ネットビジネスの副業に、ワイン投資という投資があります。
これは、飲食物であるワインを価格が安い時に購入し、価格が高くなってから販売するという投資方法で利点においては現物取引であるが故安値で購入することさえできていればいずれ価格が増加し利益を得ることができる点にあり、ワインの場合、年代が古くなっても開栓されていない場合は価値が上昇し続けるため置き場所さえあれば価値が上昇し続けます。

その為、数千円程度で購入したワインでも年代が古くなり、味わいが増すことで売買時に高値が付くことも多いです。
しかも、現在はワインの需要が高まっているため、価格の上昇が見込めるため、すでにワインを数本所有している方はすぐにでも参加した方が良いビジネスです。

ただ、注意してほしい点もありまして、ワインの投資ファンドなどを通して副業として投資を行う場合、詐欺にあう可能性が高まりますのでおすすめしないです。
投資ファンドの場合口コミも重要な決め手になるんですが、問題は口コミが機能してないことがあるのです。ワインの投資の場合、ある時、急にワイン自体が不必要になる事態が起きた場合、価値を失いますので、この場合投資ファンドは機能しなくなり口コミは機能しなくなります。

その為ワイン投資を行う場合、自らが貿易商人のようになり現物を所持して売買をする必要性があるわけです。
ちなみにワイン投資は返金が可能であるかですが、自ら商品を仕入れて不良品を引き当てた場合、きちんと返金に応じてくれるお店が多いので返金が必要、または返品により商品交換が必要な場合は、買い付けた事業者側に進言し、返金や返品に応じてもらう必要があります。

なお、返金や返品は良識のある事業者から購入をした場合のみ適応されますので、ブローカーのような怪しい事業者の場合、不良品を売りつけることでビジネスとしていることも多いためそうした事業者の場合、残念ながら返品や返金はできませんので注意しましょう。
ですが、ワインの場合、通常はメーカーから購入することが多いので格安で購入できる酒屋などで購入することはあっても、どこのだれかわからない方からネットオークションのようなもので購入することはまれであると言えますので通常は怪しい方から商品群を購入することはないと言えます。

要は自分の目で見て商品を購入するのが望ましいので、あくまでネットで商品を売買し、仕入れは店頭で仕入れるなどを行えば収益化は望めるビジネスでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする